20代でニキビに悩んでいる人は多かった

 

大人のニキビはこんなに増えている
アンケートから見えてきた実態
私が皮膚科医になってからのここ十数年、ニキビ治療のために診察室を訪れる若い女性の数は
確実に増えています。その大半は二〇代以降のOLや主婦。それも、思春期にニキビで悩まされ
た覚えがない、二〇代になってはじめてひどいニキビに悩まされたという声が多いのです。これ
はいったいどうしたわけなのか。その原因を探るべく、私は彼女たちを対象にアンケートを実施
しました。
ニキビに悩んでいる二〇代以降の女性一八二人の協力を得て、その経緯や原因となりうる事例
について質問してみたのです。その結果、これまで臨床データから皮膚科医たちが推測してき
た、いくつかの原因を裏付ける回答が得られました。二〇代以降になってできる重度の、いわゆ
る「大人のニキビ」の実態が少しばかり見えてきたのです。そこにはやはり、思春期のニキビと
はまったく違う誘因が潜んでいました。
質問1 思春期にニキビはできましたか?
はい
いいえ
質問2 思春期にニキビがあった人は、その経過を教えてください。
思春期からずっと治らない思春期以降にいったん治まったが再発・悪化した

 

 

 

まさか、二〇代、三〇代になって、いまさらこんなひどいニキビができるなんて。

 

そんな悩みを抱える女性にとって、このアンケートの結果は「そうそう、私も」とうなずかされることが多いと思います。それがどういう意味を持つのか。それぞれの設間と回答に照らし合わせて、説明をしていきましょう。
質問3によると、思春期から一九歳までの間
にニキビがひどかったという答えは二〇パーセ
ント。生殖器の成長が進み、女性らしさや男性
らしさが増す思春期は、ホルモンの影響で皮脂
腺も発達し、男女を問わず肌がオイリーに傾
き、多くの人がニキビに悩まされます。
でも、なかには、思春期でさえ、ニキビとは
無縁のまま過ごす人もいます。皮脂の分泌量や
45%
55%
質問3 ニキビがひどくなったのは何歳から?(複数回答)
12〜 17歳
18〜 19歳
20〜 22歳
23〜 25歳
26〜30歳
31歳以降
角質の状態、新陳代謝のスピードなど、肌の条件の違いによって、ニキビのできやすさには差があるからです。実際、質問1では、半数以上の女性が思春期にニキビはで
きなかったと答えています。

 

 

 

それなのに、二〇歳を過ぎたいま、彼女たちはニキビに悩まされているのです。そこに、単純に肌質だけでは語れない原因があるのがわかります。また、質問2によると思春期にニキビがあった人の八〇パーセント近くも、いったんは治まったのに二〇代以降に再発したと答えています。思春期にニキビがあってもなくても、二〇歳以降に悪化したと答えている人が圧倒的に多いのです。