活性酵素とアンチエイジング

活性酸素は、体内に侵入する細菌を撃退してくれる役割もあるのですだ細菌以外のよい細胞まで酸化して傷つけてしまゝス厄介な物質です。もつくられてしまいま魂酸素の役割のひとつは、エネルギー生産で余った水素を受け取り、水となつて体の外に排出すること。酸素は1分子につき4個の電子を受け取ると水になりますが、4個受け取れなかつた不完全な分子が活性酸素(スーパーオキシド・過酸化水素。ヒドロキヽンルフジカルニ重項酸素)になりま寃活性酸素はどうにかして水になろうと、あたりかまわず周囲の分子から電子を奪い取り酸化させるのでその結果、細胞が傷ついてしまいま魂周囲の環境や喫煙、ストレスからも活性酸素は発生しやすくなるので注意しましょう。

 

 

活性酸素による組織障害を「酸化ストレス」といいますが、こ私たちにとっては避けられない問題です)酸素はもともと反応しやすいため、ちょっとしたきっかけで活性酸素に変化してしまいま寃もちろん、私たちの体内には「活性酸素」から身を守る 一防御ヽンるアムが備わっています一が、その働きにも限界があり、活性酸素が大量発生したときにはとてもカバーしきれません。さらに加齢とともにその防御ヽンるアムも老朽化するので、私たちは次第に活性酸素に抵抗できなくなつていきます。

 

コエンザイムQЮとビタミンCは、素早く働いて活性酸素を抑制し酸化を防ぎますが、ビタミンEは単独では抗酸化の機能を果たせません。それどころか、酸化を促してしまう場合さえありますビタミンEが抗酸化物質として充分な働きをするためには、コエンザイムQЮとビタミンCの助けが必要不可欠になりま魂このように、コエンザイムQl0は自ら活性酸素を撃退するだけでなく、ビタミンEの抗酸化作用も助けている、大変重要な役割を果たしていま寃適切に補給して、がん。心臓病・脳卒中の原因のひとつともされる酸化ストレスに、負けない体をつくらなくてはなりません。

 

ニキビ跡を消すには?